Kookan Blog

子供の感性

DSCF2656.JPG
先日、娘を連れてクリスマスのプレゼントを購入しに出かけました。
5歳になる娘はカメラをいじるのが大好きです。
彼女にカメラを渡した後に、写真を見ると驚くような映像がたくさん入っています。
そのうちの一枚がこちら。
自動販売機を子供の視点でみるとこうなるんだ〜と感心。
照明もなんか昼だったのに怪しく光っておりました。
子供の感性には、はっとすることがたくさんあります。
私も昔はこんな風に感じていたのかなと思う事もたくさん。
少年の心を持った大人、って言うけど、難しいと思います。
少女の心を持った女。。。ってちょっと不気味だし。。。
今日はクリスマスですね。娘の枕元にプレゼントを置いておいたら
朝起きて、「サンタさんが来た!」って大喜びでした。
皆さんはいつまで信じてました?サンタさん。。。娘はいつまで信じるんだろう。。。
皆さん、良いクリスマスを!

 

建物と女性のメイク!?

DSCF2613.JPG
現在建設中の、工場の配筋検査の時の写真アップします。
いつも思うのですが、建築って女性のお化粧に似てるのでは??と思います。
メークには、ナチュラル系、モード系などなど色々手法があります。
でもそれは表面に出て来る仕上の違いによるもので、下地となるベースメイクはどのメイクでも
共通していると思うんです。一番重要。もっと重要なのは肌かな。
建物にたとえると、肌の美しさや、ベースメイクの作り方は、基礎や土台、空間構成となる部分。
ナチュラル系は、自然素材をふんだんに使った、暮らしやすい家。
モード系が、新建材を使ったちょっと緊張感のある家。
などなど色々とたとえてみると、建築とお化粧って共通点があるのでは?と思ってしまいます。
ナチュラルメイク程、肌の美しさ、ベースメイクが重要で、
建物もナチュラルな建物って、空間構成が一番重要だと思います。
一番、技が必要だと思います。
話がそれましたが、配筋検査に行ってきた鈴木が撮影した写真があまりにも
きれいで、アップしました。下地の美しい建物は、できあがりも美しい。女性のメイクもしかり。

 

やっぱり「和」!お正月リース

今日、以前設計監理を手掛けたドライフラワー工房の「Green Hill」からお正月リースを頂きました。
この工房の女性主人であるTさんは、私の中のドライフラワーのイメージをくつがえしてくれた人。
今までドライフラワーと言えば、カントリー調で明るい色彩というイメージでした。

でも、Tさんのつくる、作品はどれも、おさえた色の花を使い、
大人っぽいドライフラワーをつくります。
そして、私が好きな「和」のテイストにも合う、リースをつくって頂きました。
このリース、素敵じゃありません?
実は、日頃から公私共々お世話になっている、ご夫婦にもプレゼントしたのですが、
喜んで頂きました。

「和」を絶妙なバランスで入れていて、素晴らしいって、思います。

日本人である事を一年で一番意識する、お正月には、一人娘と一緒に、
年越しそばを食べて、羽子板でもついて、凧揚げして、家族で「和」を楽しみたいな。。。
仕事でなければいいな。。。

DSCF2618.JPG

 

あびこのいえ訪問

週末にあびこのいえを訪問しました。
用件は竣工祝いをかねての玄関の照明設置でした。照明設置自体は多少の苦難を乗り越えて無事設置完了!
さらに雑誌掲載を見据えての使用状況の写真撮影をお願いしました。快諾して頂いたので、失礼ながら家のなかを撮影。非常に奇麗に住んで頂いておりました!
入居してから2ヶ月。実際に住んでみないと住み心地は分からないと云っていたのですが、不自由が無い!と云って頂き、大変嬉しかったです。当日の朝は雨だったのですが、撮影をしていると太陽が出てきました。
すると2階に設置したLDKが暑いくらい!なんてうらやましい!サンサンと入り込む日の光の中撮影をしてきました。下の写真はそのLDKの写真です。
DSCF2568.JPG

 

鉄骨検査

昨日亀戸のアパレル工場の鉄骨検査に構造の羽田野さんと行って参りました。
上棟式も兼ねていたのですが、あいにくの雨。どうも僕は雨男らしく、牧野嶋が同行しない日は雨が多いです・・・鉄骨の検査自体は無事に完了しました。この工場、今回は2階建てですが、数年後には3階を増築予定。
その為結構なサイズの構造になっています。
それにしてもスケジュールがキツいなか、現場の職人さんたちが懸命に頑張ってくれているおかげでなんとか上棟!この場を借りて御礼!(といっても上棟式でも当然直接お礼はしましたが・・・)
DSCF2551.JPG
DSCF2554.JPG

 

居住空間デザインコースのパーティ!

私は日大生産工学部、居住空間デザインコース出身です。
居住空間デザインコースとは、住宅作家の巨匠「宮脇壇さん」の設立した女性30人のデザインコースで、私はそこの一期生です。
そのコースの教授は今は中村好文先生で、中村先生は建築を職としている方の中でもファンが大勢いる、とても暖かい住宅をつくっている建築家です。
この居住コースでは毎年恒例でOG会をしています。
そのOG会に先日参加してきました。先生達を知らない人は、中村先生って怖いのでは?なんて思っている人もいるようですが、替え歌等作って歌っている陽気で優しい先生です。
宮脇先生は人をもてなす事が大好きで、生活を楽しむ事をモットーにしていたので、その流れをくんでパーティは卒業生が企画して、居住コースの教室で手作りのパーティを行うのが恒例です。
暗くて写真ではわかりませんが、教室には名作と言われる椅子やソファ、照明器具がたくさん。
今思い起こしても、私の住宅に関する考え方はこの居住コースが原点だったな〜と思います。
来年もまた心温まるパーティをしてくれることでしょう。
フランクロイドライトの照明器具でお出迎え
061209_2020〜01.jpg
暗くてすみません、中央で話をしているのは中村好文先生です。
061209_2019〜01.jpg

 

素敵なインテリアと美味しい手料理

10日の日曜日に先日竣工したリフォーム工事「やちよのいえ」のお客様宅にご挨拶にお伺いしました。
このAさんご夫婦は、新築工事の「八千代の二世帯住宅」を施工して頂いた施工会社の社長夫妻です。といってもまだお若い素敵なご夫婦です。
打合せの時から、夜ご飯を奥様にご馳走になったりいつもおもてなしをして頂いておりました。
この日もすぐにおいとまするつもりが、美味しい炊き込みご飯などお昼ご飯をご用意して頂いて、すっかりくつろぎ3時間以上もお邪魔してしましました。
インテリアもとても素敵でクリスマスの飾り付けが所々にあり、すっかりくつろぎモードに。。。
私達の目指す「居心地がいい空間づくり」を実践して頂いておりました。
設計者として、お客様が喜んで空間を過ごしてくださっていることが何よりです。
写真も厳選したのですが、どれもこれも載せたくなってしまって、枚数が増えてしまいました。
美男美女のご夫婦の顔写真もちょっとだけ公開させて頂いて。。。
ただ、社長の顔写真がなくて、本当すみません!
本当に、お客様にお仕事の後に招いて頂けるという事は幸せなことだとつくづく思いました。
ありがとうございました。

ほんとうに、美味しい炊き込みご飯でした。具も奥様の手作りです。
DSCF2436.jpg
ご夫婦と鈴木。後ろ姿の左側が社長です。顔が見えないのが残念です。すみません。。。
DSCF2438.jpg
素敵な飾り付けのインテリア。素敵な奥様です、本当に。
DSCF2475.jpg
DSCF2487.jpg


 

ちくわ?万華鏡?

今日は事務所のスタッフの紹介をします。
今年の夏から勤務してくれている宮本君と、まだ学生さんですが、所員なみに働いて
くれている近藤さんです。
二人のことは、まさし、ぐりちゃんと名前で呼んでいます。
私達の目指す事務所は、フレンドリーだけどプロフェッショナルな仕事をする
事務所です。事務所の空気がぎすぎすしていたら、気持ちの良い建物、空間はつくり
だせないのではないかと思っています。
今日のタイトルは、「ちくわ?万華鏡?」ですが、実はこのふたつは建物に名前を
つけるのに二人からでてきた、建物名です。どちらも的を得ていておもしろいので
思わずアップしました。
お施主さんはもしかしたら「うちの建物のことかな?」と思うかしら??
建物にこんな名前を考える二人の感性はとても素敵だと思ってしまいました。
ちなみに「ちくわ」はぐりちゃんが、「万華鏡」はまさしが命名。
うちは、女性が男っぽく、男性が女性っぽいのかもしれませんね(笑)
DSCF2391.JPG
DSCF2388.JPG

 

紅葉スポット

事務所のある南青山周辺には色々な観光スポットがあります。
この絵画館前のイチョウ並木もその一つです。
この建物は国会議事堂を設計した建築家が設計しているそうです。
道路に対して左右対称に建物とイチョウ並木があります。
紅葉シーズンになると大勢の観光客で賑わい、平日と休日のまちの顔が
がらっと変わります。
私達の将来の仕事として、建物単体だけではなく、建物が集合した
時のまちとしての顔をどうつくるか、また建物とみちとの関係を
どうつくるか、まちづくりの仕事もしたいと思っております。
独立する前の事務所ではたくさんのまちづくりに関わってきたからです。
自分の住む家だけではなく、環境そのものの美しさも誇れるまちを
提供していけたらと思っています。
DSCF2411.JPG

 

クリスマス到来!

ついに12月になりましたね。
今日は寒いですね〜でも、昨日「松本の家」のお客様とキッチン、トイレを見る為に
松本のショールームに行ってきました。松本の寒さは東京とは違うと、しみじみ感じました。
もう山の方では雪が降っているそうです。
松本等の遠方の物件は、移動距離が長いので体力的には大変ですが、特急あずさに新宿から
乗って松本に向かうことは、小旅行のようで少しわくわくします。
駅弁と、文庫本。これがわたしの必需品です。
あずさから見える景色はとても奇麗で、秋の紅葉、冬の雪景色、春の新緑&花を楽しみながら
の移動は、心のゆとりを取り戻す気がします。
長くなりましたが、本日のタイトル「クリスマス到来!」は、先日お伺いした家の
飾り付けが素敵で「あ〜クリスマスだな」と思ったので。。。
やはり、家の中で季節を感じる飾りをすることは大切だなと思いました。
素敵なディスプレーだったので、写真をパチリ。
大きなツリーを飾っている方もいると思いますが、小さなコーナーを飾るだけでも
気持ちが変わりますよね。
DSCF2383.JPG

 

プレゼン模型

事務所のスタッフのぐりちゃんが模型を作ってくれました。
彼女は模型づくりが大の得意で、私達としては大助かりです。
この模型は3日、日曜日にお施主さんに提案する住宅の模型です。
東京に事務所をかまえてから、東京のお客様が増えました。
狭小住宅が多くなってきたのです。
小さい土地に広がりのある住宅を得意としていたのは、私達が
いたアーツ&クラフツの杉浦所長です。
先生の仕事を思い出しながら、広がりのある、気持ちの良い空間とは?
と頭をひねらせております。
DSCF2362.JPG

 

<prev   2006年12月   next>

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31